ニュース ENJOY!DIY~木製カッティングボードをおしゃれにリメイク~

つくってみよう!お手軽DIY!
シリーズでたまに更新していきたいと思いますので、よかったらお付き合いくださいませ。まだまだ続くお家時間などに、ご家族で(もちろん、お一人様でも!!)楽しんで頂けると幸いです。目指す完成品はこちら!!!

捨てようと思っていた端材や雑貨。ほんの少し手を加えれば、暮らしに役立つ、暮らしを彩る道具に早変わり!身近な素材や安価で入手できる材料でDIYを愉しんでみませんか!

 

今回は・・・・

 

\木製カッティングボードをおしゃれにリメイク/

ミニボトルやステンシルを使って、カッティングボードをおしゃれなインテリアにリメイクできます。黒板塗料を塗れば、家族の伝言ボードにもアレンジ!吊り下げても立てかけてもOK。サニタリールームなどに飾れますよ♪

 

<用意するもの>

●木製カッティングボード(A、Bの2枚)
●端材
●ミニボトル
●サドルバンド
●麻袋
●転写シール
●黒板塗料
●ブライワックス
●水性塗料
●木工ボンド
●紙やすり

※いずれも100円ショップやホームセンターで入手できます。

①カッティングボードAを着色する
ブライワックスは古Tシャツの端切れなどに染み込ませて塗ります。

②転写シールを貼る
転写シールを利用すると、手軽にステンシルができます。好みの文字を選んで半透明シートをていねいにはがしてください。文字が少しかすれても、いい表情になります。

③ミニボトルを取り付ける
ミニボトルはサドルバンドでネジ留め固定します。麻袋からカットした端切れを挟み込んでデコレーションします。

④カッティングボードBを着色する
カッティングボードに、黒板塗料を塗ります。小口部分は紙やすりで整えてから、色違いの塗料で着色するとアクセントになります。

⑤チョーク置きを取り付ける
チョーク置き用の端材を木工ボンドで取り付けます。

⑥麻布でポケットをつくる
端材の上に麻布をかぶせてチョーク入れのポケットをつくります。木工用ボンドで接着します。

⑦出来上がり
Aのミニボトルにはお好みのドライフラワーを挿して、カッティングボードには鮮やかな古切手や絵葉書なども貼って飾りましょう。黒板塗料を塗ったBは、ご家族の伝言ボードとしても活用できます。

いかがでしたでしょうか?ホームセンターや100均で揃う材料ばかりですし、麻布を造花やドライフラワー、貝殻や季節の小物にしても素敵ですよね!それぞれ色々なアレンジをお楽しみくださいませ。

 

 

トップへPAGETOP