ニュース 定年後をどう暮らす?50歳から考えるふたり暮らしリフォームのヒント

子どもが結婚や独立などで巣立ったあとの、ご夫婦ふたりの暮らしを考えたことはありますか?

 

定年後どうくらす?これからもいっしょの夫婦の暮らしフタリフォ

 

まもなくご主人が定年をお迎えになるご夫婦は、恋愛結婚が主流になった時期にご結婚された世代。

 

デートで食事や映画などを楽しまれ、お互いの趣味や好みも分かりあっている“ともだち夫婦”が多いと思います。

 

ところが、ご主人が仕事で家庭を離れがちになり、ふたり一緒の時間が少なくなっていくうちに、別々の生活リズムやペースの暮らしになって今にいたっていませんか。

 

これからご夫婦ふたりだけになる暮らしは、子どもができる前のふたりの暮らしとは違い、実はこれまでになかった時間のはじまりです。

 

ともすると、夫婦のふたり暮らしがぎくしゃく…なんてことも。その時に大切なのが、心地よい「距離感」です。

 

シーンに応じて、居心地のいい場所がおふたりそれぞれにあるかどうかがとても重要なポイントになるそうです。

そうすることで、ふたりの距離がもう一度近づくのだとか。

 

\データから見る50歳からのふたり暮らしのヒント/

データから見る50歳からのふたり暮らしのヒント①

ヒント① ご主人は定年後、自分の時間が増えます。そのため自分の時間を充実させる工夫が必要です。

ヒント② また奥様は自分の時間は減ったと答える方が約半数。自分の時間を如何に増やすかが大切です。

データから見る50歳からのふたり暮らしのヒント②

ヒント③ 夫の家事参加への意識を変えるために、環境を変えてみるのも一つの手段です。

ヒント④ 家事のやり方が分からないというご主人には一緒に家事をして学んでもらうことも。

 


時には寄り添い、時にはお互いの空間を大切にする、ご夫婦おふたりらしいこれからの暮らしを考えてみませんか?

杜プラスではご夫婦ふたりの新しい暮らしづくりに、“なるほど!”と感じていただける、おふたりのためのリフォーム「フタリフォ」に数多くの実績があります。

 

杜プラスの施工事例をすこしご紹介。画像をクリックして詳しい施工事例もご覧くださいませ。


 

▼リフォーム&リノベーション事例▼

 

↓こちらは、お子さま達が巣立ち、夫婦ふたりとお母様とで暮らすことを考えてリフォームされた築50年お住まい。全て一新するのではなく、その住まいの価値や家族の想い出を大切に受け継ぎつつ、技術や性能を加えて快適に暮らせるようご提案。

戸建リノベーション古民家再生

 

↓こちらは築22年のマンションリフォーム。もうすぐ定年を迎えるご主人は定年後の人生設計を考える講座をご夫婦で受講。90歳までの年表を考え、「そろそろリフォームしておかないとね。」とご相談をいただきました。

定年後の人生設計 これからの二人暮らしを見据えたリフォーム

 

↓こちらはフルリフォームやリノベーションではなく、「ドアリノベ」をご相談いただきました。定年後の趣味としてご夫婦でDIYをやってみたい方も多いのではないでしょうか。ドア塗り体験もご自身でやっていただきました。

ドアリノベ ペイント中

 


Panasonicリフォームclubは、“おふたりのためのリフォーム「フタリフォ」”の参考プランを約150種も用意しています。

 

WEBで8つの簡単な項目にお答えいただくだけで、インテリアや暮らし方のお客様の志向を診断。あなたにピッタリな参考プランをこれからのふたり暮らしを考えるヒントとして、メールでお届けします!

 

\診断は無料ぜひこの機会をお見逃しなく/

 


★詳しくは、下記の画像をチェックしてみてください!
フタリフォライフナビ WEB診断はこちらから

 


お住まいのことなら、杜プラスに遠慮なくお気軽にご相談ください!まずはリノベ・リフォームについて資料が見たいという方、お気軽に下記から資料請求をどうぞ!今なら杜プラスのジッパーポーチもプレゼント!お役に立てたら嬉しいです。

 

\資料請求はこちら/
https://moriplus.com/request/

トップへPAGETOP